2010年3月 のアーカイブ

まずはみんな一曲完成…ですかね

2010年3月31日 水曜日

楓奈さんの「桃色」なんですけど、切なくて良いですね。さすがにライブいくつもこなしたりで表現方法を研ぎ澄ましてるだけありますね。特に導入部の最初の四行が素敵です。ただそうすると次は浮つく心隠さない〜桃色の光 じゃなくて 惜しげもなく咲き誇る〜かけだしてみた を続けたほうが流れとしては自然に流れていくと思います。君があまりにも無邪気以降は心を映す表現力がしっかりしてますよね。咲き乱れた丸い花びらって歌詞は前半で使ってる咲き誇るにしたら統一感ができると思います。最後も三行目を舞う花びらに吸い込まれる とすると詩的表現に力が出ます。その後に 先程の ありのままの笑顔 の部分と 桃色にほほ寄せて をくっつけて甘い香りを吸い込もう みたいにまとめるとひとつのドラマ性が完結するような気がします。まああくまでも個人的な感性の問題かもしれませんが。櫻木さんや並川リルさんもダイレクトに心に入り込んでくる詞で、かなり上手くなってきてるので近々の作品発表が期待感いっぱいです…メテオリット、いよいよはじけそうです。どうでしょうか社長?

(明日)から受けるメッセージ

2010年3月30日 火曜日
090717_1743~01.JPG

山音色さんに訂正の業務連絡です。我が家の愛犬はパピヨンです(笑) 実は前回のブログは(明日)のさよならパンダでちょっとした衝撃を受けて、それを引きずってしまった内容になりました。社長の作戦にまんまとハマった感じでちょっと悔しいです。(明日)の作品は全体を通して友達や家族、回りの人達への語りかけが大きなテーマなんでしょうね。支える優しさがあれば突き放す優しさもあり、逆に距離を置かなければならない自分の辛さも相手を思いやっての事…多感な時期の女子の様々な感情が交錯していて聞き手のその時の感情によって泣けたり微笑めたりできます。友の一文字をタイトルでは片仮名のナヌとした感性なども山音色さんや櫻木さん、楓奈さんと言ったメテオリットのシンガーソングライターアーティストには紡いでほしいですし、超えていってほしい詞の世界です。

目標設定完了

2010年3月30日 火曜日

山音色さん、桃の歌ありがとうございます。他の作品もそうですが貴女の感性は自然を描写し歌詞を組み上げていく、いわゆる油絵の風景画的な傾向の詞のような気がします。独創性メロディーをつけた歌にする場合パステル画や水彩画、鉛筆でのクロッキー画等様々な表現での絵としての切り取り方が有るはずなんですよ。せっかくだから桃の歌の詞をモチーフにしてメロディーも意識した詞のアレンジについて次から書いてみます。皆さんも一緒に考えてみましょう。さて並川リルさんや青八ウタさん、青村優さんといった方々の音源を制作していく上で様々なサウンドメイクを楽しんでいますが実はそんなに作り込んだサウンドにしなくても良いのかも…って最近思うようになりました。特に先日アップされた(明日)の「さよならパンダ」をあらためて聴いてみてその想いを強くしました。ギター一本でのバッキングにコーラスが絡むだけなのに目前に迫るサウンドは…何もいじらずダイレクトに語りかけるボーカルと心に届いてくる歌詞とそれをつなぐメロディーライン。こいつを超えるにはどうする?目の前で唄を聴く…メッセージを届ける。詞もメロディーも自分の
メッセージを伝える為、それを明確にすれば良いだけですね。

さくら ばっかりじゃないよ

2010年3月28日 日曜日
100327_1553~01.JPG

この時期はみんなの目は桜にいきますが私は桜よりも桃の花の美しさが好きです。特に近所の桃の木が咲き誇る今の時期に愛犬との散歩がとても幸せなひと時だったりします。ただ今年は雨や曇りの日が多いのでいまひとつ楽しみが足りない気もします。そう言えば桜がテーマの曲は結構ありますけど「桃」って曲になりずらいのでしょうか…花がイメージしずらかったり、咲き誇るとか散るとかの美学が表現しにくいのでしょうか?もしできればどんな感じの曲になるかを考えるだけでも楽しいのですが。写真のイメージをふくらませて誰か詞を書いたりしてみませんか?

メテオリットならばの方向性

2010年3月26日 金曜日

前回紹介した弦張りグッズの名前は「ペグワインダー」と言うんだそうです。安いやつは三百円くらいでありました。色もカラフルなものがありますのでラッキーカラーを選んだりも良いでしょうね。先端がアコースティックギターのピン抜きになっているものならば便利だと思います。さて曲の表現方法に関して最近色々と考えます。何人かのアーティストさん用に何パターンかの曲をいくつも制作していますが、この詞にはこんな感じの曲…と初めのイメージで決定してみて完成した頃には何となくイメージが違ってるかな…?みたいに思う事があります。そんなことから最近になり少し考え方を変えてみる事にしました。例えば別れや悲しみをテーマにした詞に必ずしもマイナーコードやバラードタイプの曲にしなくても良いんじゃないかな…とか、アーティストさん自身のイメージを限定してしまう等はもう無しにしよう。アーティストは悲しい心を伝えるには悲しい顔をしたらいけないでしょうって事です。思いっきりメジャーなコード進行で悲しい詞を唄う事でリスナーにどう伝えられるか…面白くなってきませんか?

弦の話 張り方編?

2010年3月25日 木曜日
100325_2002~01.JPG

ゲージの話に櫻木まで参加して下さるとは誠に嬉しく思います。ならば今回はプチプラ情報っぽいネタを。実は弦を張る、新しい弦と交換するって慣れないうちは結構厄介な事だったりしませんか?むかし楽器店で働いてた時に高校生の女子が「先週買ったばかりでもう壊れちゃったんですけどぉ…」って1弦が切れたギター持ってきた事がありましたけど(笑)まあ弦を手早く交換するテクニックも必要ですかね。そこで写真のコイツ!かなりの優れものです。要は弦を通したペグをあっという間に回すモノです。緩み無くシッカリと弦が巻けます。ライブ中に1弦や2弦が切れた時とか慌てず騒がずあっという間に復旧!って格好良くねぇ?商品名が正確なところがわかりませんが千円しないで買えますから楽器店やCDショップで捜してみて下さい。

弦のお話の続きです

2010年3月25日 木曜日
100325_0808~01.JPG

ふたたびで申し訳ありませんが楓奈さんからのレスポンスが嬉しかったので補足したいと思います。今までの経験から(レコーダーやアンプとの相性から)私はギターによって弦を選んでます。アーニーボールはフェンダー系(ストラスキャスター)マーティンはアコースティックに、ダダリオは生録音の際に曲によってですが独特の少し籠ったトーンが欲しい時に張り替えてます。ヤマハの弦は普段の練習用ですが安定した優しい音ですからトラディショナルフォークにはやっぱりこれ。ギブソンはレスポール専用に買ってあるんだけど他の弦をあまり使っていないのでトーンの違いは確認出来てません。ただ確実にこの音!このパワーって時はロック系には安心して使えますよね。自分自身で弦やアンプを選んでバランスセッティングするのは当然の事ですけど、どうしても好みの音は決まってしまいやすいのでたまには器材のセッティングや弦選びとかは他人任せにしてみるのも(プロデューサーにって事ですよ!誰でもってわけじゃありませんよ)良いんじゃないかな?とも思います。

みんな〜ひとりじゃないよ

2010年3月24日 水曜日
100324_1716~01.JPG

アクアリビングのネオンテトラの水槽にシュリンプを発見しました。感激してます。画面下にいるのわかりますか?ボス!またコメントお待ちしております。それにしてもたいした内容でもないブログに対していつもレスポンスを下さるのはありがたい事です。山音色さんは業界のルールをしっかり把握していらっしゃいますね(笑)ありがとうございます。さてエレキ用のゲージをアコースティックに張るのは女性にとってはとてもメリットがあると思います。まず女性は手が小さくて力(握力)も弱いので弦張度はなるべくやわらかな方が有利なわけですよね。当然ギターを選ぶ際にもネックは細目のものにしてるはずです。ならば柔らかな弦の特性を利用した細かいカッティング(ストローク)をビシビシ決めることが出来ますし音も倍音が押さえられるのでかなりストレートライブ向きのサウンドが手に入るはずです。自分はアコースティックにはダダリオ、エレキ用にはスリンガーランドのライトゲージを使ってます。そんなわけでライブとかを観に行くと使ってるギターよりも弦が気になってしまいます。楓奈さん 山音色さん もし
演奏を聴いた人が「弦は何使ってるの?」とか質問してきたらこのブログを参考にして答えてみるともしかして「こいつ…できる」って思われる……かも、保証はしませんが(笑)

こんな些細な事でも自分スタイル

2010年3月23日 火曜日
100308_2111~01.JPG

アクアリビングと言うWiiのゲームです。ゲームと言うよりもバーチャルな熱帯魚!水槽のレイアウトや魚を入れ替えたりしてアクアミュージアムを楽しむというものです。アクアネミュー(レガーロ)セットのように大好きなエビはいませんが、ぼんやり眺めながら曲を作ってるとイメージが湧きます。ボス!ご存じでしたか?さてギターの弦の話がアーティストブログの中にもありましたが、ギブソンやらフェンダーやらスリンガーランドやら色々と試してみて自分なりのボディー鳴りを確立していくのも楽しみですね。ストリートライブをやっている楓奈さんや山音色さん、櫻木さんとかボーカルを聴かせていくタイプのギタリストにはキレのあるギターサウンドが合いますよね。そこでですよ、おすすめなのはアコースティックのボディーにエレキの弦を張る。それもライトゲージ(細目のやつね)がバッチリ!ロック系のギブソンっぼい鳴りになります。男性ならば長渕、女性ならばYUIっぽいサウンドを目指してる方々に試して欲しいです。作曲にしても演奏にしても音楽には基本は有ってもセオリーはありませんよね。

あたらしい たびだちへ

2010年3月14日 日曜日

以前発表したメテオリットのアーティストの方々に唄っていただけるように曲を製作しました。誰かにと言うわけでは無くてそれぞれがそれぞれのスタイルで歌ってくれれば良いと思います。(他にも藤咲イナさんの曲で「Its Love too」と言う曲がライブの最後とかに全員で歌うと良いなぁと言うタイプです、お楽しみに)タイトルは「桜咲く頃に」です。曲は近いうちにホームページ上にアップ出来ればと考えてます。詞はこんな感じです。 …強い日差しの季節過ぎ 夢に向かって駆け出す君 たくさんのエール横に置いて 少しずつ前に進みはじめた いつも君のそばで支える不器用な私 これから先ずっとくじけそうな時も 忘れないであなたは ひとりじゃないよ…受験生や新しい生活に飛び込む全ての人へのエールとしてメテオリットから贈る事ができればと思います。さあ みんな ドンドン いくよ