2010年1月 のアーカイブ

それぞれのコスト意識

2010年1月29日 金曜日

本田ブログの中にある単価意識に関して私も一言有りますので今回書きます。別に金の事をうんぬん言う訳では無く、アーティストさん達も知って於いて損は無い製作コストのお話です。ヴォイストレーニングやストレッチ等フィジカル面でのジムに通うとかは各個人の裁量があるのでコストには含みません。以前担当させて貰ったアーティストのデモ音源二曲を作る際に見積もりされた金額は、作曲、バックグラウンド音源製作、レコーディングにかかるスタジオ作業全般、ボーカルマスタリングまでひっくるめて280万円でした。想像してみてください。君が自分で書いた詞に作曲家に頼んで曲を付けて貰いアレンジャーに持っていく。バンドさんなりディレクターにお願いしてカラオケを作る。それを持ってスタジオに行きレコーディングする。その後に係る経費はスタジオ代やコンソールやらミキサー類のレンタル料金、オペレーターに係る経費…等々が時間単位で計算されます。個人がデモ音源を製作する場合の方法を最大限簡単に説明させて貰いました。アーティストの音源を製作する事のリスクを金銭的な部分からでも御理解いただけますでしょうか?本田ブログで社長
が言いたかった事の理解の足しになりましたでしょうか?私はスタッフとしてネイチャーミュージックのアーティストさん達に係るこうした金銭的や精神的なプレッシャーと言うリスクをいつでも全て被るつもりです。その代償として戴くのはアーティストさんの優しさや真心、音楽に対しての情熱です。頑張りましょうよ!ね。

拝啓 本田ブログとアーティストの方々様

2010年1月28日 木曜日

種が土に環る、根ばかりが張り出す…とても意味深な内容のブログを読みちょっとショックを受けてます。反論と言うかポジション的に若干の見解の相違を感じる部分もありますのでサウンド作りの立ち位置から書かせて戴こうと思います。アーティストさんにとって完成した曲は花や実と言う事になります。花や実を付ける為にはしっかりとした幹や枝、葉となるアーティストさん自身の努力(ヴォイストレーニングや作曲、作詞の勉強等)やスタッフの協力が必要です。更にそれらの基本になるものが根っこの部分で私はここを最も重視してアーティストさんと向き合ってます。シンプルに表現するとアーティストさんの才能、モチベーション、礼儀作法を含めて人間性…しっかりと根を張って無ければ花が咲く前に枝や葉は枯れてしまいます。役者や民謡などの芸能に於いては子役に対しては、才能が種だ!と言う場合もありますが、オーディションを通過して私がかかわらせて頂く事になる方々は既に根が張っているものとして対しますしスキルに併せて製作スケジュール等を提供しています。申し訳ないのですがその際には相手の経歴やらは一切考慮しません。医療関係
者だからとか海外留学で高度な知識を学んでいる方が歌うからと言ってリスナーが共感して聴いてくれる訳では無いし危険地帯での経験は本人にとっては成長の糧かもしれないけど私はひとつの「売り」には使えないと思います。ならばファミレスやコンビニの店員さんだろうが山の中のホテルで狸の相手をしてようが地中の中でしっかりと張り巡らされて色々な方向から太陽に向かって伸び上がってく図太い根っこ達に、私は水を与え続けたいです。要はアーティストさんの音楽に対する情熱のみ…これがファンやリスナーからの共感を受けるのに必要なスキルじゃないでしょうか?

答えの出ない質問

2010年1月23日 土曜日
091218_2145~01.JPG

並んでいるのは全て小指の先程のミニチュアです。こんなフォトグラフでジャケット作っても楽しいかな?と思います。前回のラーメン屋さん絡みのブログであえて書かなかったんだけどやっぱり譲れない部分的でもあるから記しておきます。それは「ミュージシャンってラーメン屋さんみたいなもので…」のところですが、あくまでもお客様やリスナーの好みの問題を相手に商売してるって部分のみでの共通点を指してます。評判のラーメン屋の固定客数とヒット曲出したアーティストのファン数は比較にならないしラーメンに対する情熱と曲を作るモチベーションとは比較対象にはやっぱりなり得ないと思います。私事ですが行列が出来ていたり雑誌で星が付いてる店を美味しいなって感じた事が無いんですよね。「食い物が美味しい条件」って刹那的なものだと思います。腹減って食べるなら牛丼でもハンバーガーでもラーメンでも何でも美味い訳だし、逆にどんな高級店であろうと店主や店員が慢心した態度だったり料理が出てくるのが遅かったりと言う要素があればやっぱり駄目だよね。そうした意味でネイチャーミュージックが発信する楽曲やアーティストさん達は刹那的なもの
であってはならないし、創造性や感受性はベクトルの方向が違う特別なものなんだと思います。

企画案件

2010年1月21日 木曜日

各アーティストが作詞したり歌を録ったデモを色々と戴いていてそれぞれの感性にキラリと光るものを垣間見る反面、あと一息…の歯がゆさも多々感じると言うのが正直なところです。オーディションの趣向からか楓奈 山音色 櫻木まり 新垣優美 青村優と言った方々は詞に関しては使う言葉や特定のモノに対しての感性がとても似通っている気がします。表現が共通してる、本田ブログで言うところのチームワーク、歌に対しての熱意、ただみんなに共通して言えるのはそれぞれに何かが足りない。ならばそれを補いつつひとまとめにして一曲の中にそれぞれの世界(詞)をちりばめていけないだろうか?と考えました。前記の通りこのメンバーは詞の感性や世界観がとても似ていて、自己表現の方法としても競争しあう事よりも支えあう事で何かを生み出してくれそうな気がします。一つのテーマに沿って競作することで良い意味で競い合う事を自然に行い相互にインスパイアできるかもしれません。各アーティストさんには直接企画の要領をお話し始めていますが今後はこのブログ等でも進行具合を発信していこうと思ってますので皆様アクセスよ
ろしくお願いいたしますね。

のめり込むと言う必要性

2010年1月21日 木曜日

山音色さんと詞や曲に関してお話しをしていた時に言われた一言がとても心に残って…と言うよりも眠れなくなるほど引っ掛かってしまったのでそれについて書かせて戴きます。その一言は「〇〇さんは音楽漬けってわけじゃないんですか?」 …漬けって言うとやっぱりあるものに対しての集中して没頭して真剣に取り組む、そんな態度なんだろうなと思いますが、そんな意味から考えて果たして自分はそんな事を言い切れる程真摯に取り組んでるか?…考え出したら遂に悩みとなりました。本田ブログにもあったように膨大に積み上げた部分からほんの一握りの研ぎ澄まされたアイディアを得る…その為にとてつもない努力が必要だ!これは正しいです。でもこれって才能に裏打ちされた血の滲む努力だと思うんです。成功した人の結果としての言葉として私は考えたいです。前回も書いたけど音楽の善し悪し…つまり好み、これは作り手が評価するものでは無いと最近気がつきました。聴いて下さるリスナーが判断するものですよ。いくらプロデューサーサイドが高評化しても売れないものは売れないし…もちろん売れる事が良い音楽って訳でもありません。ただ、いくら精密に
リズムやメロディーを作り込んで細かいハーモニーを作り時間をかけて仕上げても、たまたま鼻歌で浮かんだメロディーに普通の会話の中の一言を乗っけたワンフレーズが聞き手の心に訴えるパワーがあったりするし、そんな感性を大切にしたいなと思ってます。決して音楽漬けに自分を追い込めない言い訳でもありません(笑)こんなんで御理解戴けますか?山音色さん!

技術に裏打ちされたサービス業

2010年1月20日 水曜日

ボスのブログ、氷山の一角で書かれていた内容に乗っかってみようと思います。こちらからや他のマネージメントがアーティスト側に求めるものは唯一無二の独創性であり個性ですし、それを磨く為の弛まぬ努力はとてつもないものが要求されます。しかしまとめる側やプロデュース、曲を仕上げたりするこちら側は無二の個性や独創性を一般向けに整える事が要求されます。ラーメン屋さんの話に例えるならば豚骨のギラギラしたコッテリ味を旨いと思う人がいればサッパリの醤油味がベストと言う人もいます。自分はこの味を追求して極めると言う頑固なラーメン屋さんが有れば、より多くの人に食べてもらう為ギラギラコッテリの豚骨を軽やかにアレンジするお店も有るでしょう。ミュージシャンってラーメン屋さんとか食べ物屋さんと同じで、「俺はここのミソラーメンしか喰わねえ」とか「実はあまり人には教えたくないんだよねぇ〜」とか「一度食べて見てよ」とか知る人ぞ知るみたいな優越感を売りに出来ればしめたもの(笑)ってあると思うんだよね。個性的で尖んがる(トんがる)事は大切なんだろうけど聴きやすや、心地好さを与える為の工夫も商
品としての価値を考えるならば必要な事ですよね。

クレーマーと化した日

2010年1月19日 火曜日

あるアーティスト宛に送ったデモ音源CDが一週間経過しても相手に届かないので確認して欲しいと郵便局に問い合わせたのですがその対応があまりにもふざけていたので書いてやろうと思います。奴等が言うには基本的に郵便はポストに投函された後はどこを経過してどこに今あるのかを調べるのは不可能だ…って事らしいです。最悪無くなってしまっても受け取ったかどうか?投函されたかどうか?の確認も出来ないので責任の取りようが無いって事らしいです。あのさぁ、郵便事業って手紙や荷物を相手に届ける…確実に。それが最低条件のはずです。時間がかかるのは我慢しましょう。急ぎならば速達料金払えば良いわけですし。それをまさか窓口の職員が「無くなってしまっても確認のしようが無いもんで…」と宣うとは。年賀状や各種通知、ノベルティ等の郵送されたもの…相手に届くかどうか、様々なものが普通郵便ではまともに処理できるかどうかは全く当てに出来ない…と堂々と郵便局側が宣言したわけです。文句言いたい事が山程ありましたが一言だけ言って窓口を後にしました。「宅配便や運送会社が同じ事やったら潰れるよ!何でお宅らは出来ないのかもう一度良く
考えた方が良いと思いますが」

運と行動力の狭間で

2010年1月15日 金曜日

あまり言いたくないんだけどどうにも我慢出来ない事が多くて今回はキッチリと書くので心当たりのある奴等は覚悟して読むように。私の所属してたバンド「Lady・Luck」が再始動した事がきっかけで、自分達の当時の売り込み活動を思い出してみています。頑張れば必ず報われるって信じて、一ヶ月に二十曲を目標に曲を仕上げてみたり、出来上がったデモをレコード会社はもちろんラジオ曲、雑誌、スタジオ、カラオケスナック、喫茶店、美容院、洋服屋等々人が集まるところの配る…と言うよりも撒いたと言った方が正しいかな。コード一つを拘ってみたりソロフレーズの組み立て方で言い争いになったりスネアドラムの音やギターのエフェクト等にがなかなかきまらなかったりと、とにかく必死に自分達の表現を捜していました。今ブログ書いてるアーティストさん方!音作り等しっかり手伝ってやるから一緒にそんな風に自分自身のプロデュースをやってみないかい?。自分自身の夢の為なのに他人事みたいに勘違いしてるやつもいるみたいだから書いてみました。せっかくアーティストへのスタートラインに立っているのに何故走り出そうとしないのでしょうか?ブ
ログを書いている意味って君達にとって何なのでしょうか?立ち止まっていないで昨日よりも一歩でも前に踏み出してみましょうよ。そのために何をするべきか?感じ取ってる仲間達はもうスタートラインでチケットを手にしてますよ。

努力と工夫

2010年1月14日 木曜日

何回か前に書いたストレッチ講座が結構評判が良いようでしたので今回はおまけとして発声を良くする為の腹筋ストレッチを御紹介します。まず仰向けになって膝を少し曲げて息を吐きながら(この時声を出してカウントしながら行なうと良いでしょう)足を上げます。膝を曲げるのは腰を痛めない為ですので手の平も腰からお尻の下におきます。足を揃えて上げる、少し上げた状態で開く閉じるを繰り返す、片足ずつ開く閉じるを繰り返す、自転車のペダルを漕ぐように足を回す、これを各二十回ずつ程度行ない最後に寝たまま大きく伸びをしながら息を吐きながら10カウントします。腹筋はストレッチの前にじゅうぶん引き締める必要がありますが効果は保証します。一週間続けるとウエストが引き締まり声が通るようになりますよ。並川リルちゃんお試しを!さてボーカルの地声に力がついたところでアンジュ、青八の項でも書いたテクニックに関しても試してみて下さい。例えばビリーブ。I Belive と言う歌詞をアイビリィーヴゥ〜と歌うのは綺麗に発声出来たとしても上手いなぁだけで素通りされてしまいます。そこで今回のストレッチの効果。腹式呼吸
で息を殺しながら吐き出しつつ声に出して歌ってみると自然に発声は「ゥアァ〜イィ〜ビィゥィリィィ〜ヴ」っぽくなるはずです。女性ボーカルに必要な色気はこうした弛まぬ努力と工夫により生まれるのです。見た目を変えるだけがダイエットではありませんぜ。お嬢様方!

アーティストの魅力を磨いて

2010年1月10日 日曜日

青八ウタ、メッセンジャーアンジュ、トワコ、並川リル、沢木葉、藤咲イナ、山音色、櫻木まり、楓奈…どのように順番で並んでいるのかと言いますと実はデビュー準備音源や楽曲がアコースティックから遠い順番になってまして。イコールネイチャーミュージックのテーマの基本線でもある癒しから離れてる順番になってます(笑)察しの良いアーティストさんは「アチャー(涙)」みたいな気持ちになってるかもしれませんが(爆笑)おかげでこちらはジャズファンク、ビート系ポップ、ユーロビート、ヒーリング系エレクトロニクス、Jメロポップ等々個性にあわせて色々と遊びながら退屈せずに仕事させて戴いております。青八はブログ等のイメージからはパワフルなボーカルの印象を受けますが最近は天性の歌唱力に加えて言葉に対する繊細さを身に着けてきていますのでデビュー音源はかなりグレードが高い聴き手を驚愕させるものになるでしょう。アンジュはこれまでの詞にあった独自の内向性が外に向きました。共感出来る詞の世界が独特の伸びやかでリズミカルなボーカルに乗り軽やかに音符の上を踊る…そんな作品になります。ト
ワコの曲は(タイトルはまだ公表しないのかな?)美しいメロディーラインに透明感のあるボーカルが耳に残る一緒に口ずさんでしまう印象的な曲に仕上がっています。彼女達はシンガーソングライターというよりはボーカリストでありコンポーザーと言う要素が強いですね。曲を作ると言う技術的な部分よりも自己プロデュースと言う感覚的な部分に優れてる気がします。いずれにしても凄い作品が揃ったと自負しているしだいです。