2009年8月 のアーカイブ

夏休みの終わりの訪問者

2009年8月31日 月曜日
090831_1343~01.JPG

夕方愛犬達のお散歩の帰り道に家のすぐ横を通りかかると、鳴き声がします。表現するなら「Umyaaaa」。放っておこうと思いましたが心に反して体は恐る恐るその生物に近付いてしまいます。こぶし大で鳴いてるそいつはどうやら猫のようです。娘と妻を呼びどうしようかと思案にくれました。困り果てながらも結果は写真の通り。誰か飼ってくれませんか?さて発声の段階で前回の方法を意識すると気が付く事が出てきませんか?子音の部分を発音しながらのブレスが可能なのです。前回の「花」を例の続けます。♪はなはながれてどこどこゆくの♪あまり上手でない方のカラオケでのブレスの位置を(ふー)と表すと、はなは(ふー)ながれてどこどこ(ふー)ゆくの。大抵このような形で二か所になりませんか?発音や発声の中で子音を意識出来ていない為息継ぎも厳しくなってしまいます。ところが子音を意識した歌詞の構成をつくると♪はぁなぁわぁなぁがぁれぇてぇ(ふー)どぉこぉゆぅくぅのぉ♪実際唄ってみると子音の「ぇ」の後のブレスから次の「ど」の発音とブレスがほぼ継ぎ目なく歌える事が可能になる事が確認で
きると思います。つまり聴き手に息継ぎを意識させる事無く発声することが出来る訳です。

ブレスと裏声を意識すると

2009年8月29日 土曜日

前回の呼吸法の続きです。歌ってるテープを送って頂く中で多く選曲されている、「花・すべての人の心に花を」を例にとり考えていきましょう。出だしのキーはFあたりでしょうか?以外と高いです。気をつけないと人も流れて〜がキツくなります。まして、川は流れてどこどこ行くの 人も流れてどこどこ行くの、と一気に唄わなければなりません。それにただ「かわわながれどこどこゆくのひともながれてどこどこゆくの」と唄う訳にはいきませんよね。アーティストのみなさん、ここで小学校の頃に勉強したローマ字を思い出して下さい。歌詞をローマ字表記して各子音の部分をカウントして唄うわけです。「hanawanagaretedokodokoyukuno」これをひらがな表記するならばこうなります。はぁなぁわぁなぁがぁれぇてぇどぉこぉどぉこぉゆぅくぅのぉ〜ニュアンス的にはインチキ外国人ってとこですか?子音を意識して発声することでブレスの位置もとりやすくなるはずですし自分なりの息継ぎ位置も確認しやすくなるはずです。実際に唄って試してもらえばわかると思いますがブレスを子音の位置におけば息継ぎ音をマイクで拾う事もほとんどなくなりますし、自然
にブレス出来る事に気がつくと思います。日常の中では仰向けに寝て両手を広げて胸骨を開いて、肩を上げます。この状態で発声と息継ぎを確認すると良いです。

発声方法を考える

2009年8月28日 金曜日

選挙戦も終盤に差し掛かってきましたが私の地元のような片田舎の選挙区だと候補者に会う事も無く報道されてるような熱気も感じる事なく静かなものです。選挙カーも何かを言いながらも普通のスピードで走って行くものですから聴こうと思った時には既に遥か彼方。まるで救急車が通過するかのようです。候補者の方、ここら地区一帯、狙い目でっせぇ。さて選挙も相手に訴えかける為には聴きやすい発声ってあると思います。同様にボーカリストとして上達する為の発声とヴォイストレーニングに関して興味がある方、あるいはスクール等でそれを実践されてる方は自分なりの、又は先生から教えられている調整方法がそれぞれあると思います。経済的な部分や時間的な事からそうしたトレーニング等を受けられる方ばかりではないですよね。個人的なトレーニングをやろうとしても方法がわからない、そんな方多いのでは。基礎編としてちょいとした工夫でみるみる上達する、そんな方法を考えてみましょう。まず手始めにブレス、簡単に言えば呼吸法、息継ぎです。四拍での息継ぎを考えると息を吸いながら、いち、に、さん、しぃ、ゆっくり吐きながら、ご、ろく、なな、はちと
言う感じになります。少しゆっくりめの歌を頭の中で唄いながら今の呼吸をしてみます。次に同じ速度感覚で呼吸法のカウントをこう変えてみます。いぃちぃ、にぃいぃ、さぁあん、しぃいぃ。自分のなかでさっきの曲の譜割りが変わりはじめたはずです。これが何の役に立つのか、次回よりお話ししていきます。

思わぬ来客

2009年8月24日 月曜日
090818_1827~01.JPG

またまた作曲と言うテーマから外れてしまいますが御勘弁を。携帯電話を持って家のウッドデッキに出た時アッと驚くお客様が。ニョロニョロッて感じで足元をすり抜けていきました。若干ビビりながらシャッターをきりましたが見ずらいですね。せめて生き物ネタということで本田ブログで紹介して貰えませんかね。

サマーフェスティバル

2009年8月24日 月曜日
090823_2110~01.JPG

お祭りです。携帯の写メの為綺麗に撮れなかったのですが山車です。実際はかなり大きくて勇壮で賑やかなものです。もしもこれが他の方のように旅先での撮影ならば色々とキャプション付けて紹介するところなんですが、実は撮影場所となってるのは自宅の前です。毎年お祭りの時は自宅の前の道を夜中まで山車が練り歩くんです。ある意味とてもありがたい邪気払いですよね。祭りThank you

アーティストさん達に業務連絡

2009年8月20日 木曜日

残暑見舞い申し上げます。この夏思い思いに精一杯楽しくお過ごしの事と思います。秋よりの始動に向けてのアーティストの方々の楽曲製作も佳境を迎え私的にはかなりホットな夏でもあります。皆様におかれましては来春頃には素敵な歌の花が咲き乱れる事願っております。さて他にも以前よりあたためていた企画が最近現実味をおびてきまして色々と楽しみが増えてます。そのうちのひとつがカフェサイドミュージックと言うテーマを設けている喫茶店でのライブです。例えばストリートライブとして路上で弾き語りをして不特定多数の方々に投げ掛けていく。これはこれで素敵な活動だと思いますがしっかりと表現を確立していないと自己満足に終わりかねないような気がしますし多くの人はそこで終わってしまう傾向も無き似しもあらずではないでしょうか?喫茶店と言う一つの極々限られた小さな場所、20人程で満席になるようなスペースで自分で構成し演出する事、つまり自分のステージに責任を持つ事、ストリートでは絶対学べない事だと思います。(えっ、予算の問題、それを言っちゃいけません)弾き語りとアコースティック、お客様との距離が究極的に
近い、ネミューでなければ絶対に出来ない企画だと思いますしアーティストさんは思いがけないものが生まれるでしょう。その場でリクエストを貰ったり即興で曲を作ってみたりとか挑戦して貰いたい事も山積みですし。さあさあアーティストさん達、集まれえー

おすすめの品

2009年8月17日 月曜日
090817_1739~01.JPG

自宅スタジオにてアーティストさんへのおすすめの逸品を激写してみました。これは優れモノで最近ハマりまくっとります。レコーディング途中での撮影だからと言ってギターでもドラムでもありません。コーラです。KIRIN COLAと名付けられておりますとおり当然ですが某ビール会社製です。コーラの味ってメーカーによってこんなに違うんだね。これは気に入りました。良いです。お酒のダメな方や炭酸飲料マニアの方々(トワコさんとかね)是非どうぞ。

アーティストの心構え

2009年8月15日 土曜日

ファミレス等の飲食店で「こちらのお席でよろしいでしょうか?」ならば良いのですが「こちらのお席で大丈夫でしょうか?」と言われるとなんとなく不安になります。言葉の揚げ足を取るつもりはサラサラ無いんだけどいつからか、大丈夫ですか?が敬語化してるようで気になります。「こちらのお席で大丈夫でしょうか?」・・雨漏りするとか床が抜けるとか有るのか?「デザートお持ちして大丈夫ですか?」・・溶けるとか崩れるとかするのか?「お飲み物はコーヒーで大丈夫ですか?」・・・おいおい、紅茶かジュースの方が安全なのかい?こんな突っ込みを入れたくなります。そもそもこうした場合は「よろしいでしょうか?」が適切でプロ意識をしっかりと表現する言葉でしょう。大丈夫でしょうか?と言うのは自分で責任を持つ訳では無く相手に判断をゆだねているように思えてならないんだけど。医者が「薬はこれで大丈夫でしょうか?」とか「治療方法はこれで大丈夫でしょうか?」とかね。もし裁判員に選ばれたら被告に向かって「懲役五年で大丈夫でしょうか?」とか。最近自作の詞を送って来る方からも「こんな感じで書いてみましたが大丈夫ですか?」ってメッセ
ージが添えられる事が多いんだけど、それを訊きたいのはこっちだよ。あなたたちはただ「大丈夫です!」と言えば良いです。・で大丈夫でしょうか?

自分自身をしっかり知ろう。

2009年8月5日 水曜日

オーディションの為ボーカルをテープやMD等で送って下さる方の伴奏は普通カラオケを使用して行われますよね。歌っている方は気がつかないと思いますがバンドオーディション等と比べると決定的に違うというポイントと判断に迷うポイントが二つあります。一つ目は音圧に対しての地声の強さがどの程度か良くわからない事。もう一つはエコーをかけてしまう為音程のとり方、その方自身のピッチが正確に判断出来ないという点があります。作曲と作詞を同時に行なうイコール曲と詞が一緒に浮かんでくるって事で奇跡に近いものでめったに起こりませんし一人で作業をおこない一曲が出来上がるまでの苦労も並大抵の事ではありませんね。やはり自身の音域やピッチはしっかりと把握しておく事が第一ですね。シンガーソングライターって孤独なものです。MTRで作業を行なう利点はそんな時に発揮されます。ふと思い付いた詞をノート等にメモしておいて後で組み合わせてみる、こんなやり方をしてる方は多いと思いますが、これを詞にメロディーを付けた鼻歌状態でかまわず録音しておきます。勿論インデックスを付けておく事はわすれずに。デジタルですから並び替えや
ピッチ調整やダビング等の編集は自由自在、新しいアイディアもどんどん足していけたりします。パソコンに苦手意識を持っている方にはある種苦痛を伴う作曲と言うアナログな作業から比べると異質な作業かもしれません。