ファミレス生活の終り

バイト先のスタッフが何人か私達のライブに来てくれました。当然憧れの「城之内さなえ」さんも会場に花を添えています。今でこそライブハウスは食事ができたり、カクテルとか洒落たお酒が飲めるようなおしゃれなつくりだったりで結構なデートスポットになってますけど、その当時はとてもではありませんが健全な場所とは言えないスポットのひとつでありました。そもそもハードロックのバンド自体世間に認知されていない時期ですし、そんな連中が集まる場所は一般人にとっては今まで経験した事が無いであろう世界。薄暗く煙草の煙が充満する中で轟音に包まれる、まして彼女達は明るい会場で手を叩き一緒に歌うようなコンサートをイメージして来ていますから。人生の中で最も無駄な一時間!私達が彼女等に与えたものはこんな感じだったのでしょうね。薄暗い中で見る事が出来た彼女の表情、眠り始めた私の中の悪魔がしっかり目を覚ました瞬間でした。