オーディションやプレゼンに賭ける情熱

携帯電話やEメールなどで連絡や情報のやり取りは格段に便利になりました。うちの社長や他の業界関係者もみんなそうですが、忙しいのでそれでもなかなか連絡がつかない時が多々あります。携帯も常に留守電、メールの返信も来ない…便利なはずなのに全く意味無ぇじゃん!と 悪態をついてますが、一般人には言葉で言ったところで理解のしようが無いハードさ、忙しさなんですから仕方無い事かも。つまりはこうしたスケジュールについて来る気構えが無ければアーティストさんとしての成功は厳しいかも…って事が言いたい。まず詞を書いた、曲を書いた でメールしますよね。それだけ忙しい方々です余程のインパクトが無ければ目を通してもらえないでしょう。デモを送っても最近はメールの添付ファイルだったりしますよね、あなたのメッセージが確実に伝わると思いますか?残念ながら答えはNOです。気軽に連絡できる反面、相手からも軽くみられてしまい兼ねない…気がついてましたか?