古いんじゃないのさ スタンダードなのさ

80年代ってよくよく考えると なんだかんだで 30年前になるんですね! ニッポンのロックバンド の紹介というものの完全に懐メロじゃん♪と言う冷たいお言葉を頂きました(笑)。ある意味狙い通りの反応でしたので「してやったり♪」の気持ちです。今のロックギタリストの奏法やスタイルって、いわゆるリフに使われるパワーコードは70年代に完成されているし80年代になればリードギターの奏法であるライトハンドやハンマリングと言ったものも完成されていて、今でも主流のテクニックですし、新たにとんでもないプレイも生まれてきていない気がします。もちろんエフェクターや録音、編集技術の進歩はありますが プレイヤー自身のスタイルでいけばロックプレイヤーって本質は全く変わっていないように思います。スタイルの変遷がじだいの変換期というならば…というような話は自分なりの書いてみたいと思いますが、例えばメテオリットのアーティストさんならば自分の目標とするミュージシャンがいる。でもそのミュージシャンも幼い頃にあこがれていたミュージシャンがいて、さらにその前のあこがれには…
そんなたどり方すれば音楽的なルーツは結び付くんじやないかな?社長が言ったように、みんなが同じ方向を向いて助け合ったり競いあったりする…共通のルーツミュージック メテオリットってそんなレーベルになれば嬉しいですよね 社長