神の領域を覗く

藤咲さんや山音色さんのブログで触れられているコンピュータによる作曲や編集ソフトを使っての曲製作ですが以前はかなり高額であったりミキサーやコンポーザー等のうん千万の機器類にシステムとして搭載される物だったりで専門のスタジオなどの専売特許的なものでした。大手のレコード会社の所有スタジオのシステムだったりで、アマチュアからすれば天空の世界です。ところが現在はパソコン用ソフトとして10万円を切る価格でCDまであげられるものが手に入ります。バッキングのカラオケならばオーケストラやホーンセクションまでカバー出来ますし専門のスタジオで作業しなければならなかったマスタリングやスピーカーモデリングやエキスパンド等の作業やボーカルのピッチやコーラスといった編集までこなせてしまうと言う驚異的なソフトも7〜8万円という価格帯ですから決して手の届かないシステムではありませんよね。とにかく何が素晴らしいって楽器が弾けない、楽譜が読めない、歌もあまり上手く無い…そんな人でも発表出来るグレードの曲が作れてしまう!魔法の道具なのです。とは言うものの、ツールとして上手に使いこなす為にはそれ
なりの基礎知識や用語に対する理解は必要だとは思います。せっかくですので藤咲さんや山音色さんのテキストになればとも思いますので次回からこうした作曲ソフトを利用しての曲製作について触れてみましょう。